RSS | ATOM | SEARCH
平成29年度 第2回江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議

ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

 

1月31日に、今年度2回目となります「江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議」を開催しました。

今回は、当日の様子についてお伝えします。

 

ネットワーク会議は江別市内で活動されている機関・団体・企業の皆さんが一同に会し、顔の見える関係を推進し情報共有や異業種間の連携体制構築を目的とし継続的に開催しています。

 

DSC00818.JPG

 

今回も様々な分野から、29名の方にお集まりいただきました。

 

また、くらサポが不定期開催をしております「家族懇談会」の雰囲気を体験してもらおうと、コミュニティカフェ笑くぼさんに来ていただき、和やかな雰囲気づくりにご協力いただく事ができました。

 

DSC00817.JPG

 

会議については、今年度重点的に取り組んだ「就労支援の展開」「緊急介入方法の確立」について、経過を発表しました。

また、12月に神奈川県で開催された生活困窮者自立支援事業担当者の全国研修にて、くらサポ職員が講師として実践報告をしましたが、その際に他の講師から頂いた感想を共有しました。

 

今回、厚労省から講師を打診されたのは、この「ネットワーク会議を通し、市内の異業種連携体制を構築する」取り組みが評価されたことが大きな要因です。

様々な関連機関が感じる課題や矛盾を参加者間で共有し、一歩でもその課題に対しアプローチを行うための土台づくり。

誰もがその必要性を理解しつつも、このような広がりを見せている自治体は、まだまだ少ない実情にあるそうです。

 

DSC00822.JPG

 

会議終了後も、参加された皆さんは時間の許すかぎり情報交換をされていました。

この光景は私たちに、担当する領域だけでは解決出来ない課題があることと、その課題に対し補完する存在があれば解決に向けた動きにつながる可能性を感じさせてくれました。

 

今後もくらサポが潤滑油となり、市内外の様々な機関が協力体制を築くお手伝いをしていきたいと思います。

参加された皆さん、お忙しい中本当にありがとうございました。

author:くらしサポートセンターえべつ, category:ネットワーク会議, 14:32
-, -