RSS | ATOM | SEARCH
平成29年度 江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議

ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

 

5月22日(月)に、今年度第1回目となる江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議を開催しました。

今回は、会議の内容についてお知らせします。

 

ネットワーク会議は江別市内を中心に活動されている機関・団体の皆さんにお集まりいただき、情報共有や連携体制構築のため「顔の見える関係」を推進する為に開催しています。

困りごとの総合相談窓口であるくらサポの業務範囲は広く、その為様々な領域や分野で活躍されている皆さんに参加して頂いています。

 

DSC00061.JPG

 

残念ながら当日急用のため欠席された方もおりましたが、高齢・障がい・民生委員・行政・NPO・企業・警察・大学などから事務局含め参加者38名となりました。

昨年度から回を重ねるごとに参加者が増えており、主催者としては嬉しい限りです。

 

 

ネットワーク会議恒例となりました参加者からの自己紹介・所属機関紹介にはじまり、くらサポからは今年度重点的に「社会福祉協議会事業との連携推進」「就労支援体制の推進」を実施していくことを皆さんにお伝えしました。

 

DSC00062.JPG

 

 

また、会議終了後も参加者同士で名刺交換をされたり、新規事業の相談をされている様子が伺えました。

DSC00063.JPG

 

普段は接点すらない他領域の専門職同士が、このように連携体制を構築していくきっかけとなる。

それこそが、私たちが考えるネットワーク会議最大の目的と言えます。

 

参加して頂いた皆さん、本当にお忙しい中ありがとうございました。

継続的に開催を予定しておりますので、今後も都合がつけば是非ご参加ください。

 

author:くらしサポートセンターえべつ, category:ネットワーク会議, 11:06
-, -
第3回 江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議を開催しました

ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

 

12月2日(金)に、第3回目となる江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議を開催しました。

今回は当日の内容についてお知らせいたします。

 

 

9月に開催しました第2回目の会議では、「事例から見える、ひと・もの・つながり」と題しまして、3グループに分かれそれぞれの事例から充実を図っていくべき支援内容について提案していただきました。

 

今回はその提案を具体化するために、前回会議以降くらサポ内で協議した方向性(案)について発表しました。

くらサポより、会議で提案されたキーワードと実際の事例対応を念頭に、ゞ杁淌な支援を可能とする体制の確立∋臆叩Φ鐓貊蠅箸い辰心囘世鯤餝腓靴拭嵬魍笋料和ぁ廚裡嘉世髻⊇電静・優先的に取り組んでいきたいと発表いたしました。

 

IMG_0854.JPG

 

その後、検討している具体案を提示し、会議に参加された機関をはじめいろいろな方向から事業を推進し、各機関がひとつの目標をもって有機的なネットワークを展開していけるよう仕組みを創っていきたいとお伝えしました。

 

 

このネットワーク会議では、「領域を超えた連携」を重視しています。

前回同様、障がい・高齢・医療・雇用・大学・警察・NPO法人・株式会社・行政など、様々な領域から16機関・25名に出席していただきました。

 

領域は異なるものの、類似する業務内容である機関同士の方もおり、来年度の合同企画に発展しそうなお話も聞こえてきました。

今後もこのネットワーク会議をはじめ、各領域で活躍されている皆様の力をお借りしながら、支援の充実を図っていきたいと考えています。

author:くらしサポートセンターえべつ, category:ネットワーク会議, 09:28
-, -
第2回 江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議

ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

 

9月28日に、第2回目のネットワーク会議を開催しました。

今回は、会議の様子についてお知らせします。

 

江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議は、「領域を超えた、江別市の課題に向き合う土壌づくり」を念頭に、関係機関が連携し情報共有を行う事で支援に必要なネットワーク構築を目的に開催しています。

 

今回は、「事例から見える、“ひと・もの・つながり”とは」と題し、グループワークを行いました。

 

IMG_7520.JPG

 

DSC_0040.JPG

 

IMG_7522.JPG

 

 

各グループではそれぞれの事例をもとに、どのような心配事があるか・どういった視点での支援が必要かなど話し合われました。

 

このネットワーク会議では、前述の「領域を超えた連携」を重視しています。

前回同様、障がい・高齢・医療・雇用・大学・警察・NPO法人・株式会社・行政など、様々な領域から20機関・23名出席していただきました。

 

その為、事例について協議をするとそれぞれの立場や専門性から、私たちくらサポ職員では出せないような意見も沢山聞かれ、私たち自身とても勉強になりました。

 

 

くらしの中での困りごとや、生きづらさといった課題は、様々な要因が絡み合っていることも珍しくありません。

その為、この“連携を重視した”スタイルを今後も継続していきたいと考えています。

 

 

会議に参加された皆さん、本当にお忙しい中ありがとうございました。

次回は12月に開催予定ですので、ぜひまたご参加ください。

 

author:くらしサポートセンターえべつ, category:ネットワーク会議, 09:27
-, -
第1回江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議
ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。


5月24日に「第1回江別市生活困窮者自立支援ネットワーク会議」を開催しました。今回のブログでは、このネットワーク会議について紹介します。


平成27年度の相談実績から、相談者の年齢や相談内容は本当に様々であると実感してきました。
そこで、市内の各専門機関が集まることで専門領域や立場を超えた連携体制を構築していく事を目的に、ネットワーク会議を立ち上げました。

昨年度、ケース介入において協力して頂いた機関に参加のお願いをしたところ、19機関から23名参加して頂きました。
企業、大学、警察、福祉、医療、行政など本当に様々な機関から参加して頂き、くらサポは多くの皆様に支えられている事を再認識する事となりました。


20160524_153254352.jpg

IMG_6924.JPG


今回のネットワーク会議は初回ということもあり、くらサポの平成27年度実践報告を中心に開催しました。


今後はこの会議をツールとして、領域の異なる関係機関同士が顔の見える関係となり、様々な生活課題に対し情報共有をしながら解決に向けた協議ができるように運営していく予定です。

お忙しい中参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。
また、興味・関心を持たれた方は2回目以降参加して頂くことも可能です。
気軽にお問い合わせください。


 
author:くらしサポートセンターえべつ, category:ネットワーク会議, 14:30
-, -