RSS | ATOM | SEARCH
就労実習・体験事業経過報告

ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

 

「就労準備支援事業」を利用されている方で、就労をイメージする事ができない方などを対象に、くらサポでは「就労実習・体験事業」を創設しました。

今回は、事業の経過についてお知らせします。

 

この「就労実習・体験事業」は、実際に企業での就労体験を行うことで、就労イメージの醸成や社会に出ていく上でのマナーなどを学ぶ機会として展開しています。

 

 

※詳細はこちらの記事をご覧ください ⇒ (クリック)

 

 

DSC_0042.JPG

 

【受け入れ先の札幌アントニオロッドシアター・店主の熱海様(左)と】

 

 

 

実際に事業を利用した方の表情からは、利用前と比較すると自信がついたように感じられます。

このことは、周囲のサポートがどれだけあったとしても、最終的には「自分の力でつかみ取ること」がどれだけ本人に好影響を与えるかを示しているのではないでしょうか。

 

 

 

 

事業全体の枠組みとしましても、「ハローワークを中心とした雇用施策」のほかに「自治体・地域コミュニティが担う人材育成施策」が求められているものと考えております。

その為、一層の企業様への受入れ協力依頼や、きめの細かいフォローアップ体制構築に努めていきたいと考えています。

 

 

author:くらしサポートセンターえべつ, category:就労準備支援事業, 13:58
-, -
就労実習・体験事業について

ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

 

今回は、「就労準備支援事業」の一環として実施しております「就労実習・体験事業」について説明します。

 

 

これまでの記事で触れてきたように、すぐに就職活動に取り掛かる事が難しい方に対し、しごとサポートセンターコクリ(野幌町54-4)による「就労準備支援事業」という訓練事業が開始しました。

参加者はコクリでトレーニングを行い、様々な能力の向上に努めています。

 

そこで、一層の能力向上や就労イメージの醸成を目的とし、実際に企業での就労実習・体験が効果的であると考え様々な企業様にご協力をお願いしています。

 

利用につきましては、くらサポへの相談⇒就労準備支援事業の利用⇒トレーニング⇒就労実習・体験事業の利用という流れになります。

 

 

事業開始にあたっては、企業担当職員さまと打ち合わせを綿密に行い、実際にどのような目的をもって実習・体験を行っていくのかすり合わせています。

 

<打ち合わせの様子〜札幌アントニオロッドシアターさま〜>

 

DSC_5672.JPG

 

 

この一連の流れは、実は「認定就労訓練事業(中間的就労)」という事業として生活困窮者自立支援法のなかで位置づけられているのですが、企業や社会福祉法人等の自主事業であり、都道府県知事の認可が必要となります。

その際には多くの書類を企業より都道府県知事へ提出していくプロセスを経なければならない為、北海道全体で登録企業は15社前後にとどまっているのが実情です。

 

その為、江別市・くらしサポートセンターえべつ・しごとサポートセンターコクリの三者で協議を重ねた結果、この「認定就労訓練事業(中間的就労)」を再構築し、企業側からの提出書類を大幅に縮小することで負担を最小限にしたうえでご協力を頂けるよう調整しています。

 

その一連のプロセスを経て、「認定就労訓練事業(中間的就労)」の犢省魅皀妊”として、この「就労実習・体験事業」を展開しています。

 

 

 

事業に興味のある方、または企業さまは気軽にくらサポまでご連絡ください!

 

author:くらしサポートセンターえべつ, category:就労準備支援事業, 10:39
-, -
就労準備支援事業の取り組みについて

ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

 

今回は、就労準備支援事業の取り組みについてお伝えします。

 

 

以前のブログで掲載したように、就労に向けたトレーニングが必要であり就労準備支援事業を利用している方は「しごとサポートセンターコクリ」にて、生活習慣の見直しやリズム作り、基礎学力やコミュニケーション能力の形成に取り組んでいます。

 

 

初回相談の際に、「就労のイメージがわかない」「何をどうしたらよいのかわからない」といった声も多く聞かれているのが現状です。

その為、就労準備支援事業の一環として、利用者の希望や適性に沿った就労実習や体験をすることで、具体的な就労イメージの醸成やスキルアップを図る機会として「就労実習・体験事業」を私たちは推進しています。

 

 

就労に不安がある方は、まずは気軽にご相談ください。

 

 

20160713_130046052.jpg

 

 

現在、様々な企業へ受け入れの相談を行っているところです。

受け入れについて興味・関心がある企業様は、くらサポまでご一報いただけると幸いです。

 

今後も就労支援体制の充実に向けて検討していきたいと考えておりますので、

皆様のご協力をお願い致します。

author:くらしサポートセンターえべつ, category:就労準備支援事業, 09:59
-, -
しごとサポートセンターコクリとくらサポの連携について
ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

平成28年6月9日の北海道新聞朝刊・江別欄に、しごとサポートセンターコクリの記事が掲載されました。
ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?


DSC_0014.JPG


記事に掲載されているように、平成28年6月9日現在で、2名の方が就労準備支援事業の利用を開始されました。
就労に向けたトレーニングが必要となった方への支援のひとつとして、この就労準備支援事業の活用が効果的であると考えています。

事業利用にあたりましてはくらサポへの相談が最初に必要となりますので、くらサポの担当相談支援員とコクリ職員とでどのようなトレーニングが必要かを協議し、実際の支援内容を決定しています。

また、具体的メニューについても週に一度「支援調整会議」という会議において検討しているところです。

くらサポが担う「自立相談支援事業」と、コクリが担う「就労準備支援事業」は、まさに車の両輪となり一体的に推進されるべきであると私たちは考えています。

事業内容や支援の実際については、気軽にお問い合わせください。
author:くらしサポートセンターえべつ, category:就労準備支援事業, 10:30
-, -
就労準備支援事業の開始について

ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

前回お知らせした「就労準備支援事業」について、江別市の事業内容ついてご案内します。

江別市における就労準備支援事業は、「NPO法人 ワーカーズコープ」が市より委託を受け、実施することになりました。
くらサポに就労についてご相談を頂き、事業の利用が有効であると判断した際にはワーカーズコープ江別事務所の担当職員と面談し、具体的な支援内容を検討していく流れになります。

支援内容の例としては、例えば「生活習慣の形成・回復を目的としたレクリエーションやスポーツ」「他者とのつながりづくりを目的としたコミュニケーションの練習」「就職に向けた心構えや知識の習得を目的とした履歴書の書き方講習等のセミナー」など、その方に合った支援内容を検討しメニューを組んでいくこととなります。
相談者全員が画一的な訓練をするというものではなく、お一人おひとりに合った支援内容を検討していく事が、この事業が重視している部分です。

事業利用期間は1年間の有期となります。
その為、利用を開始する前のくらサポ職員との面談で、「どういった内容の支援が適当か」「事業利用前の準備はできているか」など、しっかり打ち合わせをしていく事が大切になると考えています。


ワーカーズコープ江別事務所は、8丁目通り沿いに開設しました。
「しごとサポートセンター “コクリ“」と事業所名が決定し、2名の支援員さんが皆さんをお待ちしています。

DSC_0661.jpg

向かって左側が事業所となります。

地図はこちら↓
 

図1.png

 


事業内容について興味を持たれた方は、くらサポもしくはしごとサポートセンター コクリまでお問い合わせください。

【しごとサポートセンター コクリ】
住所:江別市野幌町54-4
電話:011-802-5501

DSC_0013.JPG


※くらサポの連絡先は、左側のプロフィール欄をご覧ください。

author:くらしサポートセンターえべつ, category:就労準備支援事業, 14:11
-, -
「就労準備支援事業」の紹介
ブログをご覧の皆さんこんにちは、くらサポです。

今回は「就労準備支援事業」について説明します。


●就労準備支援事業とは?

就労準備支援事業は、生活困窮者自立支援法に基づくもので「直ちに一般就労につくことが困難な対象者に対して、就労準備支援プログラムを策定し、生活自立支援、社会自立支援、就労自立支援の段階的な支援を実施し、一般就労等についたものに対して就労を継続できるよう、適宜相談に応じるなどの支援を行う」ことと定義されています。

色々な事情で、ハローワークを活用した就職活動を行う事ができなかったり、就職活動に自信が無かったりという方を対象に、個別の状況に応じた訓練やお手伝いを行うという事業です。



●どんな人が対象になるの?

くらサポにご相談を頂いた方で、事業の利用が就労に向けて効果的であると担当支援員が判断した方が対象となります。
就職活動がうまくいかない理由が病気によるものと思われる場合は受診を優先するなど、状況に応じて利用を検討していく事となります。


●費用はかかるの?

相談の費用はかかりませんが、例えば職場体験を行うにあたり会社へ訪問する際など、現地までの交通費など実費が発生する事もあります。



今年度より、江別市でも就労準備支援事業がスタートします。
具体的な事業内容については次回以降のブログで紹介します。

 
author:くらしサポートセンターえべつ, category:就労準備支援事業, 17:14
-, -